泉武弘 泉武弘
泉武弘 公式サイト
| お気に入りに追加 | 知人に教える |  
泉武弘
泉武弘
  市議会レポート
ここをクリック
市議会レポートバックナンバー
   
平成21年第1回定例会
     (平成21年2月25日〜3月25日)
 

温泉の多目的な利用促進について

別府市は温泉町として全国的に知られています。しかし、温泉が有効的に利用されているでしょうか。そこで、今回はこの問題をとりあげました。
温泉の利用は、入浴、足湯、泥湯、美容、湯の花、湯煙のライトアップ、暖房、砂湯、蒸湯、家庭給湯、共同温泉などで利用されています。昨年、別府市は景観条例を作り「湯けむり」に代表される、「別府らしい景観」を守ることにしました。これは、別府の自然景観の特性を、「地域力」として保護しようとするものです。温泉の有効利用の問題点として、医療や美容への取り組みに課題を残していることではないでしょうか。医療や美容へ効果的な利用を図ることで、温泉にさらに付加価値を生むことになります。そのためには、専門家による研究が必要なのです。
次の提言をしました。
別府市が、温泉都市として価値を高めるためには、医療や美容について専門的な研究が欠かせません。そこで、産学官の研究機関を立ち上げ積極的な取り組みをするよう求めました。
これに対して市は、温泉に付加価値をつける取り組みは不可欠なので取り組みたい。
別府市が、この問題にどのように具体的に取り組むか注視していきたいと思います。
今回もご覧頂ありがとうございました。



平成21年第1回定例会他の記事は以下のリンクよりよりご覧下さい

↑ページTOPへ戻る
 
Copyright 2004 Izumi Takehiro All Rights Reserved.