泉武弘 泉武弘
泉武弘 公式サイト
| お気に入りに追加 | 知人に教える |  
泉武弘
泉武弘
  市議会レポートバックナンバー
ここをクリック
市議会レポート
  バックナンバーTOPへ戻る

平成16年第1回定例会
   (平成16年2月27日〜3月23日)

質疑応答

 ■ 行財政改革について

 ■ 不採算施設の運営について

 ■ 別府商業高校の問題点について

 ■ 市の委託事業について

 ■ 幼稚園の経営はこのままで良いのか

 ■ 学校給食調理の在り方を質しました。

↑ページTOPへ戻る

報告事項

 ■ まだ懲りない執行部

まだ懲りない執行部

広域圏事務組合で議員1人当たり5,000円の食料費

 16年度広域圏事務組合(別府、杵築、日出、山香で釈草葬祭場、ごみ焼却場、特別養護老人ホームなどの事実を実施している)への別府市の負担金4億9000万の予算が会議に示されました。この中に議員の1人当たり議員研修交流会費(飲食代)5,000円37人分と、理事懇親会費1人5,000円×6人分等合計379,000円が含まれていました。
 別府市の財政状況が厳しさを増す中で、緊急財政再生本部まで設置して対応を講じている中での今回の食料費要求は、別府市は本当に財政再建をやる気があるのか疑わずにはおれません。それにしても先に観光戦略会議で1人当たり5,000円の飲食費を要求して、厳しい批判を浴びたにもかかわらず、まだ懲りないのかと思いたくなります。これが市長の公約、市民の目線での政治であれば市民の目線を見る市長の目線に大きな疑問を抱かなければなりません。

   食料費の内訳は…

・本会議昼食代 600円×37人×4回=88,800円
・全員協議会昼食代 600円×31人×4回=74,400円
・理事会終了後の懇親会費 5,000円×6人×1回=30,000円
・議員研修交流会費 5,000円×37人×1回=185,000円

合計、379,000円です。     


↑ページTOPへ戻る
 
 
Copyright 2004 Izumi Takehiro All Rights Reserved.